仙台市の賃貸の敷金と礼金について

仙台市の賃貸住宅を探している時に、敷金・礼金という記載が見られます。

この敷金と礼金というのは賃貸に入居するときに支払う初期費用として用意しておかなければいけません。

もともと敷金というのはいわば預かり金で、入居後に何らかのトラブルがあった場合に使われるものです。

家賃の滞納があったり、入居者の不注意で設備の破損などがあった場合などはこの敷金から費用が支払われます。

ただし何事もなければこの敷金は、退去時に戻ってくるお金と言えるでしょう。

一方、礼金の方は大家さんに支払うお礼のお金ですから、基本的に戻ってくるものではありません。

一般的には敷金が家賃の一ヶ月分、礼金も家賃一ヶ月分でトータルで入居時の家賃と合わせて3ヶ月分の入居費用が必要になることが多いのです。

ただしこうした敷金や礼金が必要ない物件もあります。

早く入居者を見つけたい物件などさまざまな事情がある物件はこうした敷金や礼金が不要なケースもあるのです。

そうした物件を探すのも経費削減になるでしょう。